Pocket

 

セレブといえばクラッシックでしょ

セレブといえばクラッシックでしょ。

僕も小さい頃からクラッシックのレコードの配布会からクラッシックレコードが送られてきていました。

 

印象に残っているのが

 

1)ショパン

名曲が多いいですね。

これですかね。

 

2)ブラームズ

ハンガリアン舞曲でしたか。いい曲ですね。

 

3)ドボルザークの新世界

アメリカの親戚に聞くとこの新世界を聴くと感動するといいますよ。

 

4)モーツアルト

トルコ行進曲はいいですね。

オスマン帝国による2度のウィーン包囲に影響受けた曲ですよね。

5)リスト

ラカンパネラですね。やっぱり。フジ子・ヘミングでしょう。

6)ヨハン・シュトラウスⅡ世

美しく青きドナウが有名ですよね。今でもハプスブルク家が世界の王でしょ。

7)ヴィヴァルディ

やっぱり有名なのは四季ですね。

8)バッハ

やっぱりバッハの名曲はG線上のアリアですよね。

9)パヘルベル

貴族の音楽といえばこれですね。

 

 

10)パガニーニ

バイオリンの魔術師ですね。

 

 

貴族の話題はクラッシックです。ロックでもヒップポップでもありませんよ。

 

 

世界文学全集とクラッシックのおかげで僕は世界に目が向かった

 

家には世界文学全集がありました。

文学全集とクラッシックレコードで教養が身につきました。

 

ケインズが好きになったのもヨーロッパに行きたいのもこのおかげでしょうね。

大学院に行ったのも留学したのも西洋への憧れは、世界文学全集とクラッシックレコードにあったといえましょう。

セレブになりたければみなさん世界文学全集とクラシックレコードを聴きましょう。